読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランス映画

岡本太郎美術館に行ってきた。本当に芸術が爆発してて感動した。岡本太郎は芸術にぶつかっていってて、戦いみたいなもので、どんな葛藤があったのかわからないけど岡本太郎のなにかが芸術に向かって爆発したんだろうなと思った。
すごく色鮮やかで、意味がわからなくて、刺激的だった。私も芸術のなかで暮らしたいと思った。たまに絵をかいたり、美術展にいったり、身の回りのものにもこだわったりしようと思った。そういう環境に身を置くことで、自分らしくいれて少し楽になるんじゃないかな。


チラシとかがいっぱい置いてあるところに、ミシェルゴンドリー展の広告があった

f:id:loveplanet:20141107193301j:plain

やってるのは知ってたけど、改めて行きたくなった!卒論終わったら行こうねって約束した。
高校生のころ恋愛睡眠のすすめ見たことある。意味わかんない感じがなんか楽しかった。また見てみよう。

フランス映画特有のわけわかんなくてカオスな感じ好き。私も普段頭ゆるくてどうでもいいことばかり考えてるから、映画で実際に目にすると安心するというか、現実を忘れられる。あと独特のテンポというか、シーンの切り替わりとか。空想か現実かわからなくなったり、急に全然関係ない人がでてきたり。
意味はわからないんだけど、そういうあやふやなものに人間は安心を覚えるものなのかな。だって人間なんて不確かであやふやだもの。そういうことにして無理やりまとめる。